ネイルサロンでジェルネイルの施術をうける人は非常に多く、ジェルネイルは人気NO1メニューと言っても過言ではないでしょう。しかしジェルネイルの施術を受ける際には注意したい点があります。それがUVライトです。ジェルネイルを施す時に、爪に塗った樹脂を硬化させるために手先をUVライトに入れて、照射させます。そのUVライトには紫外線A波が含まれています。紫外線を多く浴びると、皮膚がんのリスクが高まることがしられています。UVライトの紫外線照射量はわずかではありますが、それを毎月のようにネイルサロンへ行き浴びていると、皮膚細胞のDNAに少しではありますが、ダメージが加わる可能性があるのです。ダメージを受けたDNAは、ガンになりやすかったり、細胞の老化が早まったりします。そのため、ネイルサロンに行く際には、手の甲にしっかりと日焼け止めクリームを塗ったり、紫外線カット用の手袋を装着して、UVライトに当たったりする対策した方がよいでしょう。